スズキの新型車バレーノの顔&1.0Lターボ搭載と発表。あまりカッコ良くな…

     2015/09/16


baleno03-s

先日ムービーを公開したスズキの新型車「バレーノ」。今回2枚の追加写真が公開され、パワートレインが発表されました。あまりカッコ良くな……いやなんでもありません。

※ 9/16追記。実車が公開されました。

前回のティーザームービーは以下の記事からご覧ください。

SPONSORED LINK

スズキ・バレーノってどんな車?

「バレーノ」は9月15日から開催されるフランクフルトモーターショーで正式発表される予定の新型コンパクトハッチバックです。

バレーノはCセグメントに属するサイズになると見られているので、国内ではマツダ・アクセラとスバル・インプレッサがライバルになるでしょう。世界的にはフォルクスワーゲン・ゴルフ、BMW・1シリーズ、アウディ・A3、ボルボ・V40などが含まれる小型実用車の激戦区です。

同じフランクフルトモーターショーでは、日産が新型コンパクト「Q30」マツダがコンセプトカー「越 KOERU」をそれぞれ発表する予定です。Q30もCセグメントですね。

新たに公開された画像

今回新たに公開された画像は3枚です。真横からの画像は前回の動画ですでに映っているので、今回は顔を公開したということですね。

baleno03-s

baleno01-s

baleno02-s

うーんあまりカッコ良いとは言えないなぁ。元となったコンセプトカー「iK-2」の時点でもさほどカッコ良いデザインではありませんでしたが、ライト周りの変更(たぶん製造上の問題)やフォグランプ周りの変更を受けた結果、さらに「のぺっ」とした印象になりました。グリルのラインもコンセプトカーの方が滑らかで良かったのになぁ。

iK-2

コンセプトカー「iK-2」

 

リアのデザインは動画で部分的に映っていて微妙だったので、デザイン的な特別感はありませんね。

デザインをライバルと比較

baleno03-s

スズキ・バレーノ

axela-sport-s

マツダ・アクセラ

フォルクスワーゲン・ゴルフ

フォルクスワーゲン・ゴルフ

 

魂動デザインで純粋にカッコ良いデザインのアクセラ、地味ながら質実剛健で落ち着いたデザインのゴルフ。バレーノさんよこれで戦うのはちょっと厳しくないかい? デザインがBセグメント(ヴィッツ,フィットクラス)のレベルから脱却できてない気がします。

インフィニティ(日産)・Q30

インフィニティ(日産)・Q30

インフィニティの新型車「Q30」も結構カッコ良いですしね。

SPONSORED LINK

パワートレイン

高剛性で軽量な新世代プラットフォーム、高レスポンスな1.0L直噴ターボエンジン「BOOSTERJET」、スターターモーターでエンジンをアシストするスマートハイブリッドシステム「SHVS」を含む新技術をバレーノに採用します。(スズキニュースレターより翻訳)

1.0Lターボエンジン

前回の記事では1.4L直噴ターボエンジン「BOOSTERJET」が搭載されると予想しましたが、今回の公式発表では1.0Lターボの「BOOSTERJET」が採用されると書かれています。

意外です。

なぜなら他社がCセグメントに採用するダウンサイジングターボエンジンとしては、1.2L~1.6Lのターボが主力で、1.0Lターボではさすがに非力だからです。

  • 1.2L:VW・ゴルフ、ルノー・メガーヌ
  • 1.4L:VW・ゴルフ、アウディ・A3、アルファロメオ・ジュリエッタ、ルノー・メガーヌ
  • 1.5L:BMW・1シリーズ、ボルボ・V40
  • 1.6L:BMW・1シリーズ、ボルボ・V40、シトロエン・DS4、シトロエン・C4

※ 1シリーズとV40は1.6Lから1.5Lへの移行期にあります。

1.0Lターボだと、1クラス下のBセグメントに属するアウディ・A1が採用していますが、これが成り立つのはBセグメントだからであってCセグメントとしては車重的にも使われ方的にも厳しいです(参考:アウディ・A1試乗レビュー)。Aセグメントだと0.9Lターボで十分なんですけどね

同様に、Cセグメントでは普通に使われる1.4LターボでもDセグメントに使われるとやっぱり非力感が出てしまいます。

Cセグメントで1.0Lターボを成り立たせようとすると、車重を1,100kg台前半に抑える必要があると思います(1.2Lのゴルフが1,240kg、1.0LのA1が1,140kg)。さらに、車重を抑えれば加速性能は良くなりますが、パワーが無いと高速道路の再加速性能は依然良くないままなので、過給圧を高めにするか高速を捨て去るかになると思います。

ニュースリリースには1.0Lターボのみにするとは書いていなかったので、1.0Lターボと1.4Lターボの両方を用意するのでしょうねさすがに。1.0Lのみにしてきたらスズキはかなりのチャレンジャーだと思います。

ハイブリッド

先日発売されたばかりの新型車「ソリオ」に採用された「マイルドハイブリッド」と同じ機構でしょう。つまりスズキの軽自動車に採用されている「S-エネチャージ」と同じで、発進時にほんの少しアシストするだけのハイブリッドシステムです。詳しい説明はソリオの記事をご覧ください

発進時の燃費をほんの少し改善するだけなので、トヨタ式ハイブリッドのようにエンジンのパワーを増強するものではありません。走り的には純粋な1.0Lターボと同じでしょう。

まとめ

顔は期待外れ。いやそんなに期待してなかったけど。

1.0Lターボの採用は意外です。もちろん乗ってみないと分からない面もありますが、非力なのは間違いないでしょう。とりあえず車格が欲しい新興国市場ではこれでもいいのかもしれませんが、北米や欧州で売るにはこれではかなり厳しいでしょうね。

newcars レスポンシブ 本文下

 - 次期車種
 - , , , , ,