VW・cross up! 発売!外装変えただけでもSUV人気の波に乗って販売を伸ばせるか

   

vw-cross-up

フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」のSUV風仕様「cross up!」を発売しました。

ほぼ外装を変えただけどグレード追加ですが、昨今のSUV人気の波に乗って販売台数を伸ばせるのでしょうか?

SPONSORED LINK

フォルクスワーゲン・up!はどんな車?

up

フォルクスワーゲン・up!はフォルクスワーゲン最小となるAセグメントのコンパクトハッチバックです。

全長は3,545mmと日本の軽自動車(3,400mm以下)より少し大きい程度、全幅は1,650mmでフィット,ヴィッツなどの国産コンパクトカー類(おおむね1,680mm位)より少し小さいという、普通車の中でも特に小さい部類です。

イタリアのフィアット・500が3,545×1,625×1,515mm(参考:フィアット・500試乗記)、昨年発表されたばかりのルノー・トゥインゴが3,590×1,640×1,550mmでほぼ同クラスとなります。

フィアット・500

フィアット・500

2ドアがあまり歓迎されない日本では、2ドアのフィアット・500よりも、4ドアのup!(一応2ドアもある)の方が実用性の観点で受け入れられやすいでしょうね。

SPONSORED LINK

SUV風に仕立てたcross up!

vw-cross-up

今回新たに追加された「cross up!」は、up!の1グレードという扱いです。先日発売された「ゴルフ オールトラック」が別モデル扱いになっているのとは違っていますね。ゴルフオールトラックは1サイズ上のエンジンと4WDを組み合わせているのに対し、cross up!はあくまで外装を変えている程度。Bセグメントの「ポロ」の外装をSUV風に仕立てたグレード「クロスポロ」と同じですね。

cross up! のベースは、4ドアの標準グレード「move up!」です。外装と車高を変えているので、サイズが少しだけ大きくなっています。

move up! cross up!
ドア数 4ドア
全長 3,545 mm 3,570 mm
全幅 1,650 mm
全高 1,495 mm 1,520 mm
車重 920 kg 950 kg
駆動方式 FF
トランスミッション 5AMT
エンジン 直3 1.0L ターボ
最高出力 75 PS / 6,200 rpm
最大トルク 9.7 kgm / 3,000-4,300 rpm
価格 176 万円~ 194 万円~

外装上の違いは、SUV仕様の定番・無塗装フェンダーとルーフレール、フロント・リアバンパーを専用品に変更しています。車高の差は10mmなので、見た目の違いは僅かでしょう。

一方車重は30kg増となっています。元々小さなエンジンで軽い車体なので、この差は無視できるレベルではないでしょう。ただ、そもそもSUV自体が重くてゴツい車体で当然なので、車重の増加が気になる人はそもそもSUV風なんて選ばないでしょうね。

まとめ

昨今のSUV人気で求められているのは、本格的なオフロードの走破性よりも、単に見た目がゴツくて車高が高いことだけという面がほとんどです。軽SUVで一世を風靡しているスズキ・ハスラーなんかよりも、オフロードの走破性ならスズキ・ジムニーがありますが、見た目のみでSUVを買うユーザーがほとんどなのが実情なんです。

cross up! はベースの up! から外装パーツを変えてほんの少し車高を上げただけでできています。内装も基本的には同じですし、ボディカラーに至っては標準の「move up!」よりも選択肢が少なくなっています。

ですが、SUV風が欲しい人が多いのも確か。特に標準の up! はシティコミューター然としたデザインで、「カッコ良さ」も「おしゃれさ」もあまり強くありません。車格的にライバルとなるフィアット・500が圧倒的におしゃれなので、SUV人気に乗ってカッコいい系に振ってみたということでしょう。対するフィアットもSUV「500X」を発売しますが、こちらはサイズが1段大きくなるので競合しません。

新型パサートゴルフオールトラックと立て続けに新型車を出しているフォルクスワーゲン。cross up! はあくまで追加グレードでなので一気に売れるモデルではありませんが、SUV人気の波に乗って最小クラスの販売台数も伸ばしたいところなのでしょうね。

newcars レスポンシブ 本文下

 - 新車情報
 - , , , , , ,