ホットハッチならやっぱMTでしょ!VWがMT車の受注開始―6年ぶり

     2015/07/03

Golf-R-1

フォルクスワーゲンが6年ぶりにMTモデルを設定することを発表しました。6月11日から受注を開始するそうです。

SPONSORED LINK

MTが設定される車種は?

  • ポロGTI
  • ゴルフGTI
  • ゴルフR

の3車種にMTが設定されます。すべてフォルクスワーゲン製のトランスミッションを搭載します。

SPONSORED LINK

なんでずっとMTが無かったの?

需要がなかった、といえばそれまでですが、相応の理由もありました。

VW・ゴルフでは、2003年発売の5代目ゴルフからデュアルクラッチトランスミッション「DSG」(非トルコンで構造がMTと同一の自動変速機:一般名DCT)を本格展開し、2008年の6代目ゴルフでトルコン式ATが無くなりました。

DSG-1

急加速時の滑り感が消しきれないトルコン式に対して、DCTでは構造上滑りは発生しません。変速の速度は人間が操作するMTよりも速く、単に速度だけを求めるならDCTの方が理想的です。変速フィーリングも、当初こそトルコンに劣りましたが、現在では変速ショックやダウンシフトのスムーズさはトルコン式とほぼ同レベルに来ています。実際、さほど車に詳しくない人はトルコン式とDCTを見分けられないでしょう。MT派の人も、燃費性能やダイレクト感はMTと同一、変速速度はMT以上なので、「MTを操る楽しさ」を除けばMTを積極的に選ぶ理由はほぼ無くなってしまいます。

日本ではAT車がほとんどという事情もあるので、アメリカやヨーロッパから車を運ばないといけない輸入車メーカーにとってはラインナップが増えるだけでもコストがかかるため、あまり売れないMT車を外すのは通常の経営判断です。

さらに、数あるクルマの中でフォルクスワーゲンのハッチバックを選ぶ人は、堅実な30~50代の男性が多くを占めると思います。MTをラインナップしていても、MT車を買う人はそもそもフォルクスワーゲンを選ばないという事情もあるのでしょう。

今回復活することになったのは、ルノー・メガーヌRS、今後出るであろうマツダスピードアクセラなどのFFホットハッチではMTが選択できる(アクセラでは全グレードで6MTが選択可)ので、ハイパフォーマンスモデルのラインナップを補強するためにMTを復活させたのでしょう。

今回復活するMT車の仕様

今回MTが設定されるのは、フォルクスワーゲンの中でもスポーツモデルである「GTI」と「R」です。

中でもポロGTIでは、MT車向けに出力特性がチューニングされています。最大トルクがDSGの25.5kgm (250Nm) から32.6kgm (320Nm)に大幅に上昇しています。これはDSGで許容トルクを高くするとコストが上がってしまうため、ポロGTIのDSG向けには最大トルクが抑えられていたという事情があるからです。それに伴って、最大出力192馬力が得られる範囲が5,400-6,200rpmから4,300-6,200rpmに改善しました。

ゴルフGTIとゴルフRについてはエンジン仕様に変更はありません。

価格

ポロGTIが328万円~、ゴルフGTIが389万円~、ゴルフRが539万円~となっています。

 

 

 

newcars レスポンシブ 本文下

 - 新車情報
 - , , , , , , , ,