スマートアシスト3登場!2との違いは?まだスズキに勝ててないぞ

   

smart-assist-s

ダイハツがスマートアシストの第三弾「スマートアシスト3」を発表しました。

歩行者を認識できるようになったのがトピックですが、そもそもスマートアシストって何だっけ? まとめました。

自動ブレーキのメーカー間比較はこちら↓

SPONSORED LINK

そもそも「スマートアシスト」って何?

スマートアシストとは、ダイハツの事故・危機回避機能の総称です。

事故回避に関わる色々な機能を含んでいて、自動ブレーキ以外にも色んな機能があります。

  • 衝突回避警報・自動ブレーキ
  • 車線逸脱警報
  • 誤発進抑制
  • 先行車発進お知らせ

これらの機能をまとめて「スマートアシスト」と呼んでいるわけです。

ダイハツの客層だと各機能を言われてもピンと来ない人がほとんどだと思います。「スマートアシストが付いている車なら安全・便利な機能が一通り揃ってますよ」と言われたら「なんかいいかも」と思ってしまう、という作戦です。

ダイハツ以外もまとめて呼んでいる

危機回避機能たちをまとめて名前を付けているのはダイハツだけではありません。

トヨタでは、「トヨタセーフティセンスP」「トヨタセーフティセンスC」という2種類のパッケージを用意しています。「C」と「P」で機能が微妙に違いますが、自動ブレーキや車線逸脱警報などスマートアシストと似たような機能をまとめて呼んでいます。

それにしても「C」と「P」なんてどっちがスゴくてどんな機能があるのかサッパリ分かりませんよね。まぁトヨタのことですから敢えて分かりにくくしているのかもしれません。

マツダでは「i-ACTIVSENSE」という名前でまとめています。トヨタよりは名付けにセンスを感じますね。スカイアクティブから連想した名前でしょうけど。

スマートアシスト3に進化

今回スマートアシストが「3」に進化しました(本来の表記は「Ⅲ」ですが、分かりにくいので3にします)。まずはタントに投入されます。

2と3の違いを見てみましょう。

システム名 スマートアシスト2 スマートアシスト3
自動ブレーキ 方式 レーザー光
シングルカメラ
ステレオカメラ
歩行者
(警報のみ作動)
衝突回避 20 km/h 以下 30 km/h 以下
被害軽減 30 km/h 以下 80 km/h 以下
(対歩行者は
50km/h以下)
誤発進抑制 前進
後退
車線逸脱警報
先行車発進お知らせ
オートハイビーム
JNCAP評価
被害軽減ブレーキ
(32.0点満点)
18.7~19.6 点 (未評価)

スマートアシスト3は歩行者対応

stereo-camera-s

スマートアシスト3最大のトピックは、歩行者を認識できるようになったことです。ライバルのスズキが「デュアルカメラブレーキサポート」で歩行者認識に対応したので、それに対抗した形ですね。

オートハイビームは 一応付いてます レベル

auto-highbeam-s

対向車がいないときにヘッドランプをハイビームに自動で切り替える機能が搭載されました。

でもこの機能は自信が無いようで、「オートハイビームをONにした状態で、ハイビームに切り替えると作動」となっています。ハイビームに切り替えないと作動しないということは、ほとんどの人はこの機能を使うことは無いでしょうね。ダイハツ車を買う客層だと、そもそもハイビームの切り替え方すら知らない人もかなり多いはず。デフォルト(購入状態)で有効にならない機能を、世の奥様方がわざわざONにするとは思えません。

「付いてはいるけど、積極的に使って欲しくはない」のでしょう。おそらく誤動作でハイビームになってしまう可能性が十分あるからでしょうね。作動原理も分かっていない人だと、トラブルになったとき面倒ですから。

SPONSORED LINK

まだスズキに勝てていない

スマートアシスト3になったことで歩行者は認識できるようになりましたが、まだスズキの「デュアルカメラブレーキサポート」には勝てていません。

事故防止関連の機能を比較してみましょう。

メーカー ダイハツ スズキ ホンダ
システム名 スマートアシスト3 デュアルカメラ
ブレーキサポート
レーダー
ブレーキサポート
シティブレーキ
アクティブシステム
自動ブレーキ 方式 ステレオカメラ ステレオカメラ レーザー光 レーザー光
歩行者
衝突回避 30 km/h 以下 50 km/h 以下
(対歩行者は
30km/h以下)
15 km/h 以下 (不明)
被害軽減 80 km/h 以下
(対歩行者は
50km/h以下)
100 km/h 以下 30 km/h 以下 30 km/h 以下
誤発進抑制 前進
後退
JNCAP評価
被害軽減ブレーキ
(32.0点満点)
(未評価) 31.8~32.0 点 8.8~9.0 点 8.0~9.1 点
代表車種 タント スペーシア ワゴンR N-WGN

後退時の誤発進抑制はダイハツのみですが、自動ブレーキの速度範囲がスズキより劣っていますね。JNCAP(第三者機関)の評価が楽しみです。

まとめ

ステレオカメラ搭載で、ダイハツもやっとスズキと対抗できるレベルになったわけですね。でも細かく見るとまだ勝てていませんね。

高齢者がやたら事故を起こしている現状を見ると、70歳以上は自動ブレーキ搭載車を義務化するとかも必要なんじゃないかと思えてきます。自動ブレーキは万能ではありませんし頼ってはいけませんが、ボケた老人よりはずっと信頼できると思います。

ギリギリでスマートアシスト3にしてもらえなかった車はこちら↓

newcars レスポンシブ 本文下

 - 技術
 - , , , ,