新型ロードスター オプション&AutoExe「ボディ剛性」編

   

新型ロードスターのオプションパーツには、メーカー系だけでも、純正メーカーオプション,純正ディーラーオプション,オートエクゼ(メーカー系チューニングパーツメーカー)と色々あるのに、まとめて見られるサイトが無い! ということで種類別にまとめます。

※ バックランプのLED化は「エクステリア」、ルームランプのLED化は「インテリア」、パーキングセンサーは「電装系」です。
※ 「本体価格」は取り付け費を含みません。

新型ロードスター試乗記を連載したので、そちらもぜひご覧ください。

今回はボディ剛性を上げるパーツを紹介します。

SPONSORED LINK

[MAZDASPEED] ストラットバー 50,022 / 52,074円 (取付費込み)

mazdaspeed-strutbar

左右のフロントサスペンションを連結します。「操舵に対するリニアな応答性が得られ、ハンドリングを向上させます」とのこと。

私が乗っていたNB NR-Aには元々ストラットバーが装備されていたので、装着有無の違いは分かりません。

i-stop/i-ELOOP装備車両は50,022円ですが、非装着車両はタワーバーブラケットが必要になるので52,074円です。ATはi-stop/i-ELOOPが標準装備ですが、MTは86,400円のオプションな上、車重が20kgも重くなるので装備していない人も多いと思います。

position-1

[AutoExe] ストラットタワーバー 30,000円 (本体価格)

autoexe-strut-tower-bar

AutoExe版のストラットバー。工賃の目安は4,000円。取り付けには純正のエアーカウルパネル N244-56-35X(本体価格2,160円)が必要です。ちなみにMAZDASPEED版のストラッドバーにはエアーカウルパネルの価格も含まれています。

MAZDASPEED版と同じ4点タイプです。工賃を含めてもこちらの方がやや安いですね。MAZDASPEEDは3ピース構造ですが、AutoExeは1ピース構造になっている点も違います。

autoexe-strut-tower-bar-2

SPONSORED LINK

[AutoExe] フロアクロスバー 21,000円 (本体価格)

autoexe-floor-cross-bar

リアのサスペンションの間に這わせることで、リアタワーバーの効果を発揮させるパーツです。フロントストラットタワーバーとの同時装着が推奨されています。工賃の目安は8,000円。

autoexe-floor-cross-bar-2

[MAZDASPEED] ロアアームバー 18,144円 (取付費込み)

mazdaspeed-lower-armbar

車体下部前方に取り付けるロアアームバーです。剛性強化パーツですね。

新車時に37,800円で施行してくれる防錆アンダーコーティングとの同時装着はできません。

[MAZDASPEED] パフォーマンスバー 67,392 / 67,910円 (取付費込み)

mazdaspeed-performance-bar

車体下部にX字型に取り付けて剛性を強化するパーツです。MT車は67,392円、AT車は67,910円です。

ロアアームバーと同様に、防錆アンダーコーティングとの同時装着はできません。

ロアアームバーとパフォーマンスバーの取付位置です。

position-2

[AutoExe] メンバーブレースセット 58,000円 (本体価格)

autoexe-member-brace-set

AutoExe版のリアメンバーです。このパーツには重量の表記があって、7.5kgだそうです。工賃の目安は8,000円。

AutoExeによれば、「線」であるロアアームバーの発展形として「面」でボディの捩れを抑制するパーツとのこと。

最低地上高が最大で15mm程度低下するので、フラップ式コインパーキングに駐車する際などには注意してください。私の乗っていたNBロードスターは車高を少し下げていたので何度も段差で擦りましたし、フラップ式コインパーキングで動けなくなったことすらありました……。

autoexe-member-brace-set-2

新型ロードスターに関する他の記事もぜひご覧くださいね!

newcars レスポンシブ 本文下

 - 新車情報
 - , , , ,