次期スイフトの内外装画像流出!? 本物っぽいけどパクリ疑惑浮上

   

swift-next-front-2-cut_logo

新型スイフトの画像が流出したという話題が入ってきました。過去のスパイショットなどを参考に、検証してみましょう。

これが本物だとするとデザインはパクりまくりみたいですよ。

SPONSORED LINK

エクステリア画像は本物か

流出したとされる画像がこちらです。

swift-next-front-2-cut_logo

次期スイフトの流出画像

9月に撮影された時期スイフトのスパイショットと見比べてみましょう。

スイフトのスパイショット(左右反転)

次期スイフトのスパイショット(左右反転)

ヘッドライトなどの見えている部分、フロントグリル、フォグランプ周りなどの造形など、細かく比較してみてもほぼ一致しています。

唯一違っているところだと、フロントグリル中央の赤い水平バーがスパイショットにはありません。ただ、デザイン要素としては重要な(というか目立つ)ところですし、外すのも簡単でしょうからテスト車両では外していたと考えるのが自然でしょう。

偽造された可能性は低い

スパイショットと一致しているとなると、考えられるのは本当に流出したか、スパイショットを元にニセのCGをでっち上げたかです。私は今回の画像は本物だろうと思います。

一番の理由は、偽物にしては完成度が高すぎるということです。以前流出したアクセラのマイナーチェンジ画像(本物だった)がまさにそうで、偽物としてはかなり完成度が高かったです。

本物の風格を感じる「ダサさ」

フロントグリル周りのメッキモール、フォグランプ上の小さなプレスラインなんかに本物としての雰囲気を感じさせます。なんというか、ちょっとカッコ良くちょうど良くダサいんですよ。

カッコイイ車をデザインするのはあまり難しいことではないと思います。成形難易度を考えない凝った造形のバンパー、コスト度外視のヘッドライト、歩行者保護性能を無視した低いボンネットなどなど。「実際に作って売る」のを考えなければカッコ良くもできます。でも市販車にしていくに従って毒が抜かれ、安く作りやすく凡庸なデザインに落ち着いていきます。コンセプトカーはカッコ良かったのに、市販車になると普通の車になっちゃうなんてよくあるじゃないですか。インプレッサもそうでしたし↓

同じBセグメントコンパクトカーの現行デミオと比較してみると、「どっちも似たようなデザインだけど次期スイフトの方がちょっとダサい」というなんとも的確な感じです。

swift-demio-cut_logo

これは本物でしょうね。

インテリア画像は本物か

内装の画像も流出しました。

次期スイフトの流出画像

次期スイフトの流出画像

内装もスパイショットがあるので比較してみましょう。

次期スイフトのスパイショット

次期スイフトのスパイショット

こちらもスパイショットと完全に一致していますね。内装の偽造CGを作るのは外装以上に大変ですから、これも本物だと考えた方が自然ですね。

SPONSORED LINK

何かに似ているインテリアデザイン

流出画像が本物なことを前提に、デザインをチェックしてみましょう。何かに似すぎてて気持ち悪いんですよコレ。

ステアリングデザイン

ステアリングのデザインはマツダ車やダイハツ車とそっくりです。中央は円形、左右のスポークは翼のようにシルバーで囲まれて中にスイッチ類、下スポークはコの字型。こうもよく似ていると気持ち悪いですね。

swift-steering-cut

マツダとダイハツは同じ2013年頃からこのデザインを採用し始めたのでどっちがどっちを真似たのかはよく分かりませんが、スズキは完全に後発です。2016年3月に発売されたばかりのスズキ・バレーノは全然違う(ややダサい)デザインでした。

スズキ・バレーノ

スズキ・バレーノ

メーターデザイン

swift-meter-cut_logo

2眼を覆って中央にインフォメーションパネル、黒背景、シルバーのリングに目盛りを付けて内側に白で数字、針が中央を突き抜ける形状など、全体によく似ています。こちらもバレーノはまるで違うデザインです。

スズキ・バレーノ

スズキ・バレーノ

アルファロメオと言えば、全体のデザインはアルファロメオ・ミトに似ています。

swift-mito-cut_logo

細かく見れば結構違いますが、全体の印象が似ています。ミトもスイフトと同じBセグメントです。一方エアコン操作系や前述のメーターは格上・ジュリエッタと同じです。

swift-giulietta-cut_logo

3連エアコン操作ダイヤルはマツダも採用しています。ただ、スイフトは位置とデザインがあからさまにジュリエッタに似ています。これも最近のスズキ車、ソリオ・バレーノ・イグニスのいずれでも採用していないデザインです。

自分がアルファロメオ乗りなので似ていると思いがちなのかもしれませんが、こうして並べてみてもやっぱり似ているなぁと思います。現在の車は多かれ少なかれ既存の車に似ている部分があるかと思いますが、次期スイフトはちょっとやり過ぎです。トヨタも大概ですが、スズキもえげつないことしますね。

まとめ

まず流出画像はおそらく本物です。スパイショットとの一貫性もありますし、本物と認めるに十分なクオリティかつ現実的なデザインです。

そしてこれが本物だという前提で見ると、特に内装のデザインが既存の車に似すぎていてパクリだと思わずにはいられません。スズキを代表するコンパクトカーでこんなことをするなんて、スズキにプライドは無いのでしょうか。バレーノはダサいながらもデザインに独自性があったんですが、スイフトはあんまりダサくないけどパクリだよという感じですね。

せめて質感や走りには独自性があって欲しいですが、スズキなのであまり期待できなさそうです。残る期待はスイフトスポーツだけでしょうかね。

newcars レスポンシブ 本文下

 - 次期車種
 - , , , ,