ルノートゥインゴにMTモデル追加発表!価格やスペックを整理&注意点

   

先日の予告通り、ルノーのAセグメント車「トゥインゴ」にMTモデルが追加されました!

今度は限定車ではなく通常のカタログモデルです。スペックや価格を確認してみましょう。

トゥインゴの試乗レビューはこちら↓

SPONSORED LINK

ルノー・トゥインゴ

フランス産おしゃれ小型車「ルノー・トゥインゴ」。輸入Aセグメントの小型車ながら5ドアという日本に合うパッケージングで、国内では早速人気車種となっています。

トゥインゴの日本モデルについて詳しくはこちら↓

スペック

ほぼ先日の予想スペック通りでしたね。グレード名はAT/MT共にルーテシアなどと同じ「ZEN」、MTモデルのみエンジンが異なります。

グレード 2016年9月発売 2017年1月発売
INTENS ZEN ZEN
全長 3,620 mm
全幅 1,650 mm
全高 1,545 mm
ハンドル 右ハンドル
トランスミッション 6DCT 5MT
エンジン 直列3気筒
排気量 897 cc ターボ 998 cc
最高出力 90ps / 5,500rpm 71ps / 6,000rpm
最大トルク 13.8kgm / 2,500rpm 9.3kgm / 2,850rpm
燃費
(JC08)
21.7 km/L
(4.6 L/100km)
(未発表)
価格 189 万円~ 180 万円~ 171 万円~

MTは1.0L自然吸気エンジン

予告記事にも書きましたが、MTモデルは1.0L自然吸気エンジンです。これはトゥインゴ発売時に投入されたMTの限定モデルと同じです。

171万円という価格は確かに魅力的ですが、トゥインゴのMTを敢えて買う人のほとんどは10数万円の価格差よりも走りの方を重視していると思います。本国フランスではターボエンジン+MTという組み合わせができるのに、それを日本に入れないなんてまったくルノージャポンは何を考えているのだろうか……。

MTにキャンバストップは無い

キャンバストップ(天井部分が開閉可能な布になっている)は独立したグレード「インテンス キャンバストップ」になっていて、今回追加された「ゼン」にはキャンバストップ仕様がありません。つまり、トゥインゴのMT車はキャンバストップと組み合わせられないということです。

ルノーの販売数ではあまりモデル数を増やしたくないでしょうから、仕方ないのかなと思います。ライバルのフィアット・500でも、MTとキャンバストップを組み合わせられるのは国内には無く、格上のアバルト500/595に限定車として設定されたことがあるに過ぎません。

SPONSORED LINK

MTが欲しいなら急いでディーラーへ!

現状トゥインゴは全色すべて約半年待ちです。今から発注しても納車は4~5月頃となるそうです。ルノーの日本向け想定販売数の2.5倍の受注を受けているそうで、まったく追いついていないのが現状です。

ウェブ上には明記されていませんが、新グレード「ゼン」の発売は1月12日だそうです。7月に発表された限定車を取り逃がした人を含め、販売開始直後に殺到することが予想されます。発注が少し遅れただけで数ヶ月単位で納期が遅くなる可能性が高いので、MTが欲しい人(特に車検などで納車に期限のある人)は早めにディーラーに行っておきましょう。

まとめ

東京モーターショーでトゥインゴを初めて見た時にも言いましたが、トゥインゴはMTと組み合わせてこそ面白みが発揮される車だと思います。

ただ、0.9Lターボでも非力さを感じたのに、MTモデルに載るのは1.0L自然吸気エンジンです。期待するような走りをしてくれるかはかなり怪しいので注意が必要ですね。すぐに予約しようという人は自然吸気エンジンモデルの試乗ができませんので、来るまでドキドキかもしれません。

newcars レスポンシブ 本文下

 - 新車情報
 - , , , , ,