ロードスターとフィアット/アバルト124スパイダーとの関係は?

     2016/08/05

abarth-124spider-cut

現行マツダ・ロードスター(4代目ND型)には2台の兄弟車があります。1台は「フィアット・124スパイダー」、もう1台は「アバルト・124スパイダー」です。

今のところ、どちらの124スパイダーも日本発売は発表されていませんが、アバルト版のみが日本でも発売されると噂されています。

※ アバルト版の発売が発表されました↓

124スパイダーとマツダ・ロードスターの関係を紐解いてみましょう。

SPONSORED LINK

124スパイダーは広島産

ロードスターと124スパイダーは対等な共同開発ではありません。ロードスターをベースにフィアットのデザイン&エンジンを乗せたのが124スパイダーという構成です。

マツダ・ロードスター フィアット・124スパイダー
アバルト・124スパイダー
エクステリア
デザイン
マツダ フィアット
エンジン マツダ製 フィアット製
組み立て マツダ工場 マツダ工場

大きな特徴は、最終的な完成車の組み立てを広島にあるマツダの工場で行うということです。124スパイダーにはフィアット製エンジンを搭載していますが、フィアットが生産を担当するのはあくまでこのエンジンだけです。

イタリアのフィアット工場で生産された124スパイダー用エンジンは、まず広島のマツダ工場に送られます。そしてマツダの工場で完成車に組み付けられ、世界中の販売先に送られるという流れです。

マツダが作るイタリア車

マツダの工場で作る以上、開発は完全にマツダ優位です。特にインテリアを見るとよく分かります。124スパイダーのインテリアデザインはほぼロードスターそのままで、完全に最近のマツダインテリアそのものです。

見込まれる世界販売台数も圧倒的にロードスターが上でしょうから、共同開発というよりも、「ロードスターにフィアット製エンジンを載せてイタリア車として販売する」という方が適切でしょう。シャシーやボディ剛性、ドライビングポジションや幌はマツダの設計ですから、車としてはほぼほぼマツダの車というわけでしょうね。

SPONSORED LINK

フィアット と アバルト

フィアットとアバルトの関係にも触れておきましょう。

アバルトは元々、フィアットの改造してレースなどに参戦していた自動車メーカーでした。その後フィアットに買収されて、現在ではフィアットの1ブランドという位置づけです。エンブレムこそ違いますが、そもそも別メーカーではありません。

abarth695tributoferrari-cut

アバルト695 トリビュートフェラーリ

フィアットグループにはフェラーリやマセラティも属しています。フィアット・500をベースにしたアバルト版(ハイパフォーマンス仕様)には、フェラーリオーナーのセカンドカーを想定して作られた「トリビュートフェラーリ」なんてモデルもあります。

tribute-ferrari-interior-s

124スパイダーにおいてもフィアットとアバルトの関係は同じです。あくまでフィアット版の高性能仕様が「アバルト」の名前とエンブレムを冠すことになりますが、基本的には同じ車です。

まとめ

マツダ製のイタリア車ってなんだかワクワクしますね。

かつては[日産のデザイン + アルファロメオの信頼性]というダメダメコンビで作られた大失敗車(アルファロメオ・アルナ)なんてものもありました。今回は[フィアットのデザイン&エンジン + マツダの足回りと信頼性]なので心配無用ですかね。

newcars レスポンシブ 本文下

 - 新車情報
 - , , , , , , , ,