ホンダがフィットシャトルを「シャトル」に変えた本当の理由

     2015/07/03

de01_slide055月15日にホンダ・シャトルが発売されました。コンパクトカーのフィットをベースに、延長してステーションワゴンにしたものです。先代まで「フィットシャトル」という名前でしたが、新型は単に「シャトル」という名前になりました。

SPONSORED LINK

車名から「フィット」が無くなった表面上の理由

先代までは、フィットをベースにしたモデルということから「フィットシャトル」というフィット系の一車種という扱いでしたが、新型は「シャトル」という別の車種名となりました。

系列車種という意味では、プリウス→プリウスα、キューブ→キューブキュービック、ゴルフ→ゴルフパサート(本国では単にパサート)など、車体を延長したり3列シートにした車種に「+α」の名前を付けることはよくあります。今回別の名前に分離した理由は何でしょうか?

当のホンダは、「ベースのフィットとはユーザー層が異なるから」という理由で分離したと言っている。

SPONSORED LINK

フィットとシャトルの差

本当にユーザー層が異なるか、フィットと比較してみましょう。

フィット
15XL / HYBRID
fit-gas-15
シャトル
1.5 / HYBRID
shuttle-gas-15
全長 3,955 mm 4,400 mm
全幅 1,695 mm
全高 1,525 mm 1,545 mm
ホイールベース 2,530 mm
車重 1,060kg 1,130kg
定員 5人
排気量 1,496 cc
ガソリン トランス
ミッション
CVT
燃費 21.8 km/L 21.8 km/L
価格 173万円~
(1.3Lは130万円~)
169万円~
ハイブリッド トランス
ミッション
7AT
燃費 36.4 km/L 34.0 km/L
価格 169万円~ 199万円~

異なるのはほぼ全長だけ。ベース車と発展車なので当然ですね。車重も70kg差とあまり大きくありません。そのためか燃費もほぼ同等です。

シャトルの立ち位置

スペックを見る限り、シャトルの立ち位置はこうです。

  1. フィット1.3Lを検討 130万円~
    • 1.5Lだと走りに余裕が出ますよ 173万円~
    • はやりのハイブリッドいかがですか 169万円~
  2. 価格そのままで「シャトル」という車がありますよ
    • 車内広々ですよ
    • 1グレード上の車になりますよ

シャトルを分離した真意

フィットかシャトルかを迷う人にとって、コンパクトカー(つまり安い)イメージの強い「フィット」から「シャトル」という1段階上の車種になることはシャトルにする決め手になるかもしれません。ホンダにとっては装備等を含めると実質高くなるシャトルの方が売り上げ向上に寄与するので、「フィットの延長ではない」として売り込みたいのでしょう。

newcars レスポンシブ 本文下

 - 新車情報
 - , , , ,